山形建築研究所

良質住宅の基準
鷲宿の家
▲ 鷲宿の家
Yビル
▲ Yビル
平ヶ崎の家
▲ 平ヶ崎の家
西大寛の家
▲ 西大寛の家
石井の家
▲ 石井の家
Onsen Ryokan 山喜
▲ Onsen Ryokan 山喜
設計作法
高峰の家
▲ 高峰の家
大曽の家
▲ 大曽の家
清住の家
▲ 清住の家
設計作法
鶴田の家
▲ 鶴田の家
「1,000万円の家」 Project-1000
二世帯住宅のすすめ
中原の家
中原の家
▲ 中原の家
三世代のための住まい
画像のリンク先は
作品集のページです。
鶴田の家
▲ 南東側全景
鶴田の家
▲ 玄関よりポーチの見返し
鶴田の家
▲ 南面バルコニー手すり
鶴田の家
▲ ファミリールーム
鶴田の家
▲ 階段踊り場から個室へ

S氏邸新築工事 『 project-1000 』 設計後記
■ 再会
事務所の電話が鳴ったのは2004年8月の終わり頃だった。
「住宅セミナー(日曜日の住居学)に参加したS氏です・・・」
電話の内容は、設計の依頼についてだった。S氏御夫妻に再会したのは9月の上旬、御子息と御夫妻の3人家族とご対面!
御夫妻の共通の趣味は、ゴルフとのこと。
「住宅を建てることで、大好きなゴルフができなくなるようなことはしたくありません。ゴルフができなくなるくらいなら、家なんていりません。」 御夫婦そろっての意見だった。
そこで、出された命題が、「1000万円の住宅」 究極のローコスト住宅だった。
さっそく、御家族の生活を知るべく、住宅調書に基づきアンケート調査の始まり!
こちらからの提案は、
1、住宅の規模は必要最低限の面積まで、削ぎ落とすこと。
2、部屋を仕切る間仕切りは、極力なくすこと。
3、仕上材料はローコストな材料を選択すること。
4、建物の形状はなるべくシンプルなものにすること。
一般的ではあるが以上のようなことに基づいて計画案を作成することになった。
■始動
記入していただいた住宅調書を基にプラン作成開始!
敷地を確認し、調書だけでは伝えられない部分をヒアリングし、竣工した住宅を見学していただき。
第1回目のプレゼンテーション。
開発の進んだ住宅分譲地である敷地はミニマムな住宅の計画には充分な広さをもち、西側及び北側に道路がある街区である。まず、生活の中心になるファミリールームを1階に配置し、2階に主寝室、そして、将来の子供部屋のスペースを設け、階段の中間部分に洗面室、トイレ、浴室を配置した、ワンルームに近いプランの提案。面積は約92㎡(約28坪)。この案で、外観の計画を進めることになり、模型を作成。
■不安
外観のスタディ模型を作成後、再度、打ち合せ。
面積をぎりぎりまで削ったが、スタディ模型を作ってみて建物の形状がかなり複雑!
この形状で、「1000万円住宅」 の命題をクリアできるのだろうか?
そこで、再度、プランから練り直し!
このころから、タイトル『鶴田の家』に加えてサブタイトル『 project-1000 』となった
■再始動 『 project-1000 』
再度プラン作成のきっかけとなったのは、奥様の「飾りで付いているような玄関だったら要らない」という意見 《なんちゃって玄関》だった。S氏御夫妻は自分たちが本当に必要なものと、そうでないものをきちんと分けることができる方達なのである。
基本的はレイアウトはそのままに、中2階の下が納戸を兼ねた玄関となり、平面形状は凹凸のない間四角な形状となった。試合直前のボクサーのように更に、シンプルでミニマムなプランを作成。
おもちゃ箱のような四角い箱。『 project-1000 』の始動である
■展開
いよいよ実施設計の始まり。
ローコストであってもグレードは下げない。材料の選定については十分吟味し、ローコストな材料だからこそ、ディティール、各部分の寸法など検討を重ねなくては、良質な空間は生まれない。何度も、打合わせを繰り返し、実施設計の完了を迎えた。ここまでに7ヶ月。でも、これで終わりではない。工事の見積りを行い、現実に命題のクリアをしなければならない。
■挑戦
こと細かく仕様を盛り込んだ設計図を基に見積もりを2社の工務店に依頼。
なんと、S建設が1,417万円  K建築が1,263万円で見積もりUP!
当然、予定価格に近い、K建築社長を呼んで見積もり内容の検討、仕様の変更や今回止める工事などを検討したがもともと、ギリギリの仕様で見積もりをしているため、落とす仕様や止める工事などが見つからず、泣く泣く交渉した結果、約10万円のマイナスで1,250万円(消費税込み)・・・この消費税が厄介物!
この金額で、S氏に、申し訳ありませんがこの金額で何とかお願いいたしますと報告。
S氏も、「塗装工事を自分でやりますから」などの案を出していただいたのですが、不確定な要素なので今回は断念。そして、こちらの事情を察して頂いて1,250万円でご契約いただくことに。

業務範囲 〔栃木県〕 宇都宮市・足利市・小山市・大田原市・鹿沼市・さくら市・佐野市・下野市・那須塩原市・那須烏山市・日光市・真岡市・矢板市・他
〔茨城県〕結城市、筑西市・他〔群馬県〕太田市、桐生市・他〔埼玉県〕羽生市・行田市・他〔福島県〕白河市・他、関東甲信越地域
Copyright © 2001 yamagata architect & associates. All rights reserved.