サキちゃん
トップページ 地区の概要 まちづくり協議会 情報紙かわち エリアガイド れきし写真館 河内地域自治センター 公認キャラ
ソウくん

れきし写真館

大正〜昭和の時代にモノクロームで撮影された1枚の写真。
時には、その時代の河内地区の様子や、人々の暮らしを言葉や文章よりも雄弁に物語ってくれます。
あの懐かしいまちかどや知っている人、そして、あなた自身の思い出を探してみてください。

年代主なできごと
縄文時代町内各遺跡から、この時代の出土品が発見される
古墳時代大塚新田古墳、大塚古墳、高山古墳などこの時代の有力者の墓と見られる古墳群が見つかっている
1063年田原郷に密興寺建立(異説あり)

◆まむしの温情(昔話)
1180年源義経、下ケ橋を通過義経記に「下ケ橋の宿に着いて馬を休めて」の記述がある
1438年西方寺が建立される
1604年奥州街道改修
1609年白沢宿が置かれる

◆三本杉とキツネ(昔話)
1620年西鬼怒川が開かれる
1622年御用川(堀)が開かれる
1725年五十里洪水。村人が三又かやにより多数救出される

◆丸池のうなぎ(昔話)
1778年白沢宿明星院、焼失につき再建
1808年河内区域の下岡本村、白沢宿、下田原村、古田村の人口約1,500人と記録あり
1872年白沢郵便局が開設
1873年精糧舎(現岡本小)、修身館(現白沢小)、正心舎(現田原小)が創立される
1889年古里村と田原村が誕生
1891年東北本線古田駅開業
1895年東北本線鬼怒川鉄橋(岡本)が完成
1897年東北本線路線変更。古田駅廃止、岡本駅開業
1920年鬼怒川西側堤工事

1920(大正9)年撮影

鬼怒川の度重なる氾濫による水害から村を守ろうと、周辺地域の人たちで堤がつくられました。
阿久津大橋の北側のあたりで、北方の森は上河内地区との境。
当時は建設機械もなく、人海戦術による大工事でした。
1925年鬼怒川鉄橋が完成

天棚

1925(大正14)年

古田公民館前での天祭。
天棚を囲み記念撮影。
天祭は、太陽信仰に根ざす農耕の祭り。
1935年JR岡本駅付近を走る蒸気機関車

昭和10年代

JR岡本駅は、明治30年の開業。
昭和33年に宇都宮〜宝積寺間が電化されるまでは、このようなSLの勇姿が見られました。

桜づつみ

1935(昭和10)年頃

土手に座り込んでお弁当を広げ、楽しいひととき。
背広を着ているので職場の同僚同士かもしれません。
1940年桜づつみ

1940(昭和15)年

遠足で花見にやって来た子供たち。
太平洋戦争が始まる前年ですが、まだ、モンペ姿の子供は見あたりません。
1955年古里村、田原村が合併して河内村になる

河内村体育協会結成

第1回村民体育祭開催

昭和30年代の村議会

昭和30年、古里村と田原村が合併して河内村(現在の河内地区)が誕生。
当時の人口は13,586人でした。
議長席の前にある小さな丸テーブルが発言席。
当時庁舎は白沢町の白髭神社の前にありました。

白沢宿

昭和30年代撮影

江戸時代、奥州街道第一の宿場町として栄えました。
道の両側に造られた掘割は、当時の面影を残すもの。
良く見てみるとオート三輪や、木の電信柱、わらぶき屋根など、今とちょっと違う景観に気付きます。
1956年水車小屋

1956(昭和31)年

国道4号沿いの中岡本町地内で、精米のために使用されていました。
写真撮影されたすぐ後、道路拡幅のためなくなっています。
1957年荒代(あらしろ)風景

1957(昭和32)年

田んぼに水を張り、馬を使って田植えの準備。
この頃まで、農家のほとんどが馬や牛を家の中で飼い、人力の代わりとして大切に思い寝起きを共にしていました。
1962年岡本工業団地に工場誘致始める

体育指導員制度が発足

河内工業団地

昭和30年代
工場誘致条例により誘致。
地域の発展を期待して…。
1964年広報かわち創刊

オリンピック聖火

1964(昭和39)年撮影
国道4号線を走る東京オリンピックの聖火リレー。
ランナーは、東岡本自治会の小山勝雄さん。
沿道では、婦人会をはじめたくさんの人が日の丸の小旗を持って声援していました。
1966年町制施行により河内町となる

NHKのど自慢

1966(昭和41)年撮影
町制を施行した年、古里中学校の体育館で行われたのど自慢大会。
ピアノ、アコーディオン、ドラムなど演奏陣も今よりシンプル。
この様子は、テレビで全国中継されました。
1967年役場庁舎が完成

旧河内町役場

1967(昭和42)年撮影
2階建ての本館のみで、別館はまだありません。
未舗装の道路があったり、周囲に畑が多いなど、こうして空から見てみると現在との違いがよくわかります。
1969年スポーツ少年団が発足

全町域が都市計画区域となる

旧岡本駅舎

1969(昭和44)年撮影
木造で懐かしい雰囲気の旧駅舎。
この建物の改札を通り、会社や学校へ通った想い出のある方も多いのでは。
47年、駅舎が新築され、53年には駅前公園広場も設けられ現在の姿に。

鬼怒川鉄橋

1969(昭和44)年撮影
鉄橋を渡り北へ向かう東北本線の電車。
手前側は古い鉄橋で、橋脚の部分が煉瓦造り。
新旧の対比ができる貴重な写真です。
1970年スポーツの町宣言

スポーツ少年団

1970(昭和45)年撮影
結団式で各スポーツ少年団に団旗を授与。
この翌年、町(現在の河内地区)は「スポーツの町」を宣言。
スポーツを通して住民のふれあいに力を入れていきます。
1975年岡本西小学校開校

教育施設の地鎮祭風景

昭和40年代
昭和40年代から町(現在の河内地区)の人口は、県内トップレベルの上昇率で急増。
将来を担う子どもたちのために、教育施設の整備に取りかかります。
今日の充実した教育施設は、こうして鍬を入れスタートしました。
1978年中央公民館が完成

町の花「サギソウ」、町の木「つげ」、河内町音頭を制定
1981年総合体育館が完成
1983年河内町の人口が3万人を突破

岡本北小学校開校
1985年町民憲章を制定
1986年宇都宮中央消防署河内分署が完成

河内中学校開校

町立図書館開館
1988年農業構造改善センター完成
1989年公共下水道事業が着工
1991年シンボルマーク、シンボルカラーを制定
1993年総合福祉センター完成
1995年田原西小学校開校

岡本コミュニティプラザ開館

第10回国民文化祭「とちぎ夢の大舞踊会」を開催
1996年「河内サミット」交流開始
1999年田原コミュニティプラザ開館


窓口事務を取り扱う田原事務所と田原児童館、図書室、大ホール、調理室などの貸室の機能を持つ複合施設。
2001年ドリームプールかわち開館
2002年なかよし保育園開園
2004年1市3町(宇都宮市、上三川町、上河内町、河内町)の合併法定協議会設置

グランドワーク活動センターが完成

河内総合運動公園陸上競技場が完成
2005年合併法定協議会が廃止

合併のための住民投票を実施

農村体験交流館がオープン
2006年1市2町(宇都宮市、上河内町、河内町)の合併法定協議会設置

合併協定書調印、議案を議決
2007年宇都宮市へ編入合併、50万都市「新宇都宮市」誕生

河内地区連合自治会設立
2008年河内地区防災会設立

河内地区防犯協議会設立

第1回「河内さぎ草の夕べ」開催
2009年河内地区まちづくり協議会設立