平成30年度河内地区防災訓練 19自治会と中学生が参加

8月25日(土)、河内地区総合防災訓練が、田原中学校に於いて実施されました。
中学校区19自治会、田原中学校、協力団体、合計400名にご参加いただき、救急救命や初期消火の訓練、土砂災害水害ハザードマップによる災害リスクの学習、起震車による地震体験を行いました。

地震や大雨など不測の災害に加え火災などに日頃から備えていれば、その被害を最小限にできる事を再認識しました。

また、今回は地区防災訓練に田原中学校少年消防クラブ員11名が初めて中学生として参加し、熱心に防災について学習するとともに地域での人の絆(地域力)の重要さを感じており、心強いものがありました。

今後も河内地区防災会では、住民の防災意識向上と減災による「災害に強い河内」の実現を目指します。

  

≪前のページ 次のページ≫