魚、肉、惣菜の食品トレー工場研修

店頭に並んでいる魚、肉、惣菜は、ほとんどが食品トレー(簡易食品容器)に入っています。
その食品トレーを毎日私たちが使用し、リサイクルとして回収した食品トレーを原料にトレーからトレーに再生する「循環型リサイクル」を世界で最初にスタートした製造工程を、河内地区リサイクル推進協議会推進員が2月7日、茨城県八千代町の「エフピコ関東リサイクル工場」を視察研修してリサイクルについて学びごみの減量化に対する意識の向上を図りました。

工場では、リサイクルを支える最も重要な使用済み食品トレーの選別部門や食品容器の成形・組立加工や検品、包装部門で貴重な戦力として13.95%(障がい者雇用率)の障がいのある従業員が活動していました。

結びに、リサイクル推進員の日頃のご尽力により、各家庭で基準に基づいて分類されたきれいな食品トレーを出して頂ければ選別経費が削減されますと言われました。

製品には「エフピコ」の刻印が入っていますので、食品トレーを手にする機会がありましたら、確認してみて下さい。



≪前のページ 次のページ≫