避難所運営訓練(HUG(ハグ))実施

6月26日(金)に河内地区連合自治会長会議が開催され、研修として、NPO法人 栃木県防災士会の稲葉会長 ほか5名の方々のご指導のもと災害時における机上での避難所運営訓練を行ないました。
自治会長の皆さんは、避難者の状態を確認して、どのように受け入れ誘導すべきかの判断力と行動力が求められました。
改めて防災の原点である「備えあれば憂いなし」の大切さを実感しました。