まちづくり協議会全体会議

30の団体及び連合自治会並びに企画広報部会(個人加入者)の代表者で組織する河内地区まちづくり協議会全体会議が9月14日、河内地域自治センターで開催されました。

山積する各課題の推進状況について共通認識が得られ、今後の事業促進方法が議論されました。

5月当協議会総会により役員が改選され、毎月定例理事会を開催して各種事業課題に議論を重ね、取組んできた上半期は「まちづくり協議会推進事業とさぎ草の夕べ」に分類し、協議してきました。
その内容は、現職五月女伸夫市議・木村由美子市議及び山根 登前協議会長の3名の方に顧問就任を頂き、理事会の要請により総会及び理事会に出席願い、大所高所よりご意見とご尽力を賜る事や8月11日開催した「さぎ草の夕べ」の開催活動状況などでした。
その後「快適で安全に移動できる未来に向けた地域内交通試験運行検討委員会の取組み」「3大イベント(ハートフル運動会・体育祭・河内ふるさと産業まつり)への市交付金継続要望と今後の対応策として発足したまちづくり経費運営委員会」「河内の活力・魅力を創造する自治拠点づくりの自治拠点施設建設促進委員会の取組み」「3地区9ブロックのまち歩きで得た河内の宝物を活かしながら進める地域ビジョン策定推進」など意見交換が行われました。

理事会等傍聴案内

住みよい河内を目指した活発な議論が行われる理事会等の傍聴は自由に出来ます。

今後の理事会等日程
河内地域自治センター
12月 7日理事会
1月11日全体会
2月 8日理事会
3月 8日理事会
※毎回午前9時30分開始