河内さぎ草の夕べ

『次世代へ残そう水と緑の美しい河内地域』をテーマに「河内さぎ草の夕べ」が8月6日(土)河内地域自治センター前において開かれました。
今年は、人と人とのつながりの『輪』と東日本大震災の鎮魂も含めて行われました。


火起こしは、ボーイスカウト河内第1分団の皆さん・ステージのバックの絵の制作は古里中学校美術部の皆さん。


キャンドルナイトセレモニー


鎮魂の願いを込めた七夕かざり


司会で頑張った田原中学校の皆さん


河内中学校吹奏楽部による演奏

みんなで盛り上げた 河内さぎ草の夕べ

河内まちづくり協議会では,「河内さぎ草の夕べ」が地域のイベントとなるよう,まちづくり協議会の各部会が企画・準備・運営を行ないました。

催事担当(青少年育成部会・文教部会)

ステージの催し物の企画演出を担当。子ども広場では七夕かざりも行いました。

会場担当(環境部会)

会場運営と,1,200個のエコ・キャンドル作製を担当。キャンドルナイトでは,震災被災者への鎮魂も込められました。

警備担当(安心安全部会)

会場内外の交通誘導と警備を担当。無事故でイベントを終了できました。

救護・庶務担当(福祉部会・企画広報部会・連合自治会)

様々な運営に関する庶務と救護所を担当。当日は震災被災者への募金活動を行いました。
また,サギソウのキャラクターを登場させ,イベントを盛り上げました。