歩け歩け大会が河内地区で開催されました

 

 
11月21日(土)、第15回宇都宮歩け歩け大会が、河内地区を会場に開催されました。
スタート会場となる河内総合運動公園陸上競技場には約1,800人もの方が、晩秋のウォーキングを楽しもうと集まりました。
コースは5キロのファミリーコース、7.3キロのふれあいコース、16.4キロの健脚コースの3コース。
道中の見所としては,白沢宿や彫刻屋台,岡本家住宅などの文化財があり,また,チェックポイントの白沢公園では,逆面自治会・逆面獅子舞愛好会による逆面獅子舞が舞われました。
暖かな天気にも恵まれ,参加者は家族や友人とそれぞれのペースで道端の発見を楽しみながら,ゴールを目指しました。