2009年 7月23日  日本百名山:至仏山登山+尾瀬ヶ原●
                

今回は,尾瀬ヶ原のニッコウキスゲを楽しみ,そして日本百名山である至仏山登山と欲張りな企画である。

足湯無料でした!

至仏山登山口

尾瀬ヶ原

谷間茶屋にて

全員無事下山完了!

蛇紋岩が出現!

ニッコウキスゲベストカメラ!

これから登る至仏山を後ろに

ガスがかった状態

巨大に育った水芭蕉

尾瀬ヶ原と燧ケ岳を見ながらの登山は最高だ!

7月23日(木)
天気 雨のち晴れ
登山開始 5時20分

1ヵ月以上前からの予定ではあったが,前日の天気予報は雨。それを覚悟して予定決行した。

今回は人力クラブであるサロメ・MARK+様々な登山を経験しているHさん,モンベルさん,Nさん,キムさんの6名での登山となった。

宇都宮を出発したのが午前2時!しかも車のワイパーMAXでも前方視界は激悪の大雨であった。

鳩待峠から5時20分に尾瀬ヶ原のニッコウキスゲを目指しスタート。天候は雨はあがり,曇り空となった。

至仏山荘に到着したのが6時20分。さすが日本を代表する尾瀬ヶ原の湿原!すべてしっかりと天然木で整備され歩きやすい。
全体的にガスがかっている一面,徐々にうっすらとではあるが,曇り空の間から一本の太陽の光が差し込んできて湿原を照らし輝いているではないか!
まさにこれが幻想的という言葉に相応しい風景であろう。

さらに,奥に足を運ばせると,ガスが取れてきて前方に雄大な燧ケ岳が聳え立っているのが見えてきた。気づけば爽快な晴天に変わっていた。

最高な景色だ!何度も尾瀬に足を運んでいる先輩方に聞いても,こんな爽快に晴れるのはなかなかないそうだ!また,まばらに咲いているニッコウキスゲも牛首付近を通過しさらに北に向かうと,あたり一面ぎっしりと咲き乱れているではないか!!!さすが日本を代表する尾瀬の景色は抜群だ!

尾瀬ヶ原を十分に楽しみ,9時00分いざ至仏山登山開始!天然木で整備された階段を針葉樹林主体の中,黙々と登って行くと,看板があった。そこには「ここが森林限界です」と書かれており,至仏山は蛇紋岩という植物の育ちにくい岩でできているそうで,通常の山よりも森林限界が低いとのことである。モンベルさんは蛇紋岩登山を経験したことのない私に,「この先滑るよ」と教えてくれた。

森林限界を越え,一気に視界が広がり尾瀬ヶ原を一望し見下ろすこのスッキリ感は最高だ!!!

しかし,それと同時に蛇紋岩が出現。これがモンベルさんの忠告通り,滑りまくりで非常に危険である!
8合目付近から,爽快な天気が崩れ始め時より雨が降ったり止んだりの天候となった。

12時00分にツルツルの蛇紋岩を攻略し至仏山頂に到着した。尾根伝いに小至仏山を目指す。
相変わらず雲が晴れずガスがかった中,13時15分に小至仏山頂到着。

ガスがかった天候が回復しないまま15時00分鳩待峠に全員無事下山完了した。

宇都宮への帰り道,片品村 国道120号線(通称とうもろこし街道)沿いにある谷間茶屋に寄り道していくことにした。そこには大きな看板に「足湯無料・300円そば」と書いてある。足湯は無料で登山の疲れを癒すことができ,その後300円そばを食したのだが,こちらもその値段とは相反してしっかりとコシがあり,のど越しもよくうまかった!本当に良心的な所で次回もまた是非寄りたくなる所である。

今回の登山は午前2時00集合と激早の時間で眠くてしかたがなかったのだが,あまりにもの絶景の連続で,眠さも吹っ飛ぶ最高の登山であった。

小至仏山頂にて

尾根伝いに小至仏山を目指す!

至仏山

ワタスゲのベストカメラ

ニッコウキスゲと燧ケ岳!

スタート前での鳩待峠にて

至仏山頂にて

ツルツルに滑る超ハードな蛇紋岩

晴れてきた!至仏山をバックに

人力クラブトップへ

ホームへ

小至仏山

鳩待峠

逆さ燧ケ岳!