街の顔
街 の 顔
人材発掘
西地区には沢山の人材がいて各方面で色々な仕事や活動をしています。街でよく見かける方もいれば表には出ないけど重要な役割を果たしている方もいます。ここでは西地区で各方面に活躍されている皆さんを紹介します。
各種団体長さんは別ページです。


注)掲載許可済の個人のみ掲載しています。
頑張っています!!
松が峰自治会会長の松岡さんが下野写真大賞展でみごと大賞を獲得されました。

2010年4月14日

第13回しもつけ写真大賞展(下野新聞社、とちぎ生涯学習文化財団主催、県、県カメラ商組合、県写真家協会後援、富士フイルム、フジカラープロフォトセンター協賛)の審査会が12、13の両日、下野新聞社で開かれた。審査の結果、大賞には宇都宮市の松岡明直さん(66)の作品「水溜りの中に」が選ばれた。
審査委員長の写真家米美知子さんは「レベルが高く、楽しく審査できた。大賞作品は、アスファルトの水たまりにある小石が色とりどりの宝石をちりばめたようで、夢があって一目で心ひかれた」と、絶賛した。 (下野新聞記事より)

 毎年12月25日のクリスマスの西小昇降口の前。児童たちが登校する時間に合わせてプレゼントを配りに現れる謎の爺サンタ。

 2009年のクリスマスで4年目を迎えるこのサンタクロースは西小児童にはお馴染みの存在です。サンタの姿を遠くから認めて走り寄る児童たち。 
朝の挨拶も早々に児童たちに取り囲まれるサンタさん。一人一人にプレゼントを渡している風景は贈る側も楽しそうです。
201023日(火) 

西小学校児童昇降口前に赤鬼が現れました!

《鬼は外〜 福は内〜》怖いはずの赤鬼に子供達は笑顔で駆け寄っていきます。サンタクロース同様、西地区の風物詩になっているようです。