F-86D Fighter
F-86D 戦闘機
●全幅 11.31m ●最大速度 1,113km/h
●全長 12.27m ●実用上昇限度 15,240m
●全高 4.57m ●航続距離 1,416km
●全備重量 8,248kg ●乗員 1名
●エンジン J47-GE-17B
(A/B付き)×1基
●武装 2.75インチFFAR
マイティ−マウス×1基

F-86D(フロント)
 航空自衛隊初の全天候要撃戦闘機。一口にF-86と言ってもF-86Fとは機首や垂直安定板の形状などが大きく異なる。F-86Fに特徴的な機首の機銃口もなくなっている。どことなく鮫を連想させるスタイル。

F-86D(リア)
 同リアビュー。奥のF-86Fと比べると、水平尾翼に下反角が付けられているのが分かる。この辺の意味も今後調べてみると面白そうである。

F-86D(ボルテックス・ジェネレーター)
 水平尾翼近傍にびっしりと取付けられたボルテックス・ジェネレーター?整流板?「何だこりゃ!?」の一語に尽きる。F-86Fに比べると縦安定が悪かったのか?
 (04/10/02撮影)


検索エンジンなどでこのページに直接来てしまった方。
http://homepage2.nifty.com/nhi/
がホームページです。