ともだちの部屋

戻る


この部屋では、おもちゃ好きの友人のコレクションを紹介しています。
まずは、東京支部長(いったい何の支部長だ?)Toruさんのお宝
 


うむむ・・・零戦隼人とウルトラQのソノシートは絶品ですね。
スパイ手帳は『水に溶けるメモ』で有名だったやつですね。
でも本当の彼のお宝は最後のルアー。
80-100年前のもので、もちろん価格は奥様には内緒だそうです。
コレクターの道は深く険しいものですね。


東京支部長が送ってくれた、0戦はやとソノシートの全貌です。
今回作成したラジコン黒鷲号の貴重な資料になりました。本当にありがとうございました!



次は、僕のサイトを訪れてくれる数少ない女性、SACHIYOさんのお宝。

SACHIYOさんは海と角松敏生が大好きな素敵な女性です。
お顔が見えなくて残念です。
しかし、このサイン消えてしまわないのだろうか・・・心配です。


次はSACHIYOさんからの最新映像。
06年7月に宮古島にダイビングに行き、あこがれの角松敏生さまとツーショット。
またまた、ウエットスーツにサインをしてもらったようです。
あこがれのアーティストに旅先で遭遇して、一緒にダイビングなんて、ちょっとすごすぎます。


コレクションではないけど、博多の親友YASUから送ってもらった九州限定ラーメン
どれ食ってもうまいんだなあ、これが・・・


博多のヤスからの九州ラーメン第2弾
個人的には『バリうま』ってのが気に入ってます。


そしてそして、ヤスが送ってくれたシービュー号のVTRからその雄姿をどうぞ
40年前にアメリカで放送されたものですが、結構かっこいいんですよこれが・・・
思わずはまってしましました。

ぜひ画像をクリックして拡大して御覧ください。


掲示板にもよく登場してくれる、muku001さんのお宝。
ダイキャスト製のゼロ戦とメッサーシュミット、単5電池でプロペラが回ります。
書籍の方は昭和39年に秋田書店から発売された『ゼロ戦と戦艦大和』。
幼い頃は戦争の悲惨さなど知らず、ゼロ戦と大和の雄姿にあこがれてプラモを作ったものです。
現在は貴重な資料本だと思います。
ところが、なんとこれmuku001さんから正太郎に寄贈していただいちゃったんです。
本当に感謝します、大切にしますね。


さらにさらに、muku001さんのお宝紹介です。
おもちゃの缶詰、おしゃべり九官鳥、お散歩ブル君や貴重な古いステッカー。
コカコーラのキーホルダーにグリコのオマケのスコープなど。
九官鳥とブル君はなんとマニュアル付のかなりの美品のようです・・・すごい。
muku001さんはこれらのお宝を希望者には譲ってくれるそうです。
お宝希望者は、まずは正太郎へメールか、掲示板に書込みをお願いいたします。


注意!おしゃべり九官鳥は完売したとのことです(平成18年3月5日)。

2014年11月7日
muku001さんからの古〜い、自動車のカタログ・その他情報をアップしましたので、こちらをどうぞ!


トップページにも紹介しています、正太郎行きつけのトイショップウエダの店長からの写真。
中国製、鉄人バチモン(?)のX-25号です。
なかなか味のある(?)ペイントなのですが、なんとこれを全部はがして改造しようというものです。
ラジオペンチでばらしてから、コンロで焼いて塗装をはがすのだそうです。
なるほど、塗装をはがすと鉄人に見えてくるから不思議です。
こんどぜひ、挑戦してみようと思います。


muku001さんから久々にいただいたお宝写真です。
詳細は不明ですが、雑誌『丸』のゼロ戦特集号でしょうか。
muku001さまはGWに広島の御実家にお宝探検に行かれたそうです。
ぜひぜひ、この他のお宝写真も送ってください。お持ちしております。


これは緑の魔王さんからお借りした、横山光輝名作集30と31巻。
その名もずばり『緑の魔王』です。
彼に言わせると横山先生の巨大ロボット(鉄人、ジャイアントロボ、ポセイドンなど)の
中において、最も傑作であり、彼が愛してやまないのがこの『緑の魔王』だそうです。
どことなく、鉄人に出てきたVL2号に似ているような(鉄人の表紙コーナー、秋田書店版
第8巻参照)
・・・おまけに敵ロボットが鉄人に似ていて、正太郎としてはちょっと微妙な印象です。
でも絵がきれいなので、裏表紙もアップしちゃいました。
緑の魔王さん、この他にも名作集お持ちでしたら貸してください。
できれば全巻の表紙をアップしたいですね。


神戸の、のりぽんさんに協力していただき、フルコンプまであと1枚のマーブルチョコのアトムシール。
4番目の写真のお茶の水博士だけ、どうしても手に入りません。
誰か譲ってくれる人いませんかねえ。


これはのりぽんさんの知人、如月堂さんにいただいた鉄腕アトムの原画
如月堂さんのは本当の原画(おそろしい金額だろうなあ)、そしてこれはカラーコピー。
昭和32年2月15日に発売された長編冒険漫画、鉄腕アトム第3巻の裏表紙。
2番目が正太郎所有の本の裏表紙で3枚目が表紙。
第1巻と第2巻は表紙ギャラリーにもアップしてありますので、ぜひ御覧ください。