戻る

某家電量販店のポイントをこつこつと貯めて、ついにスキャナーをゲットしました。
これを駆使して、以前より夢だった、マンガ本の表紙ギャラリーをアップいたします。
全ての表紙が完成度の高い芸術的なものであることは間違いありません。
まずは、あのカッパコミックスの全巻から。

表紙のプロパティから発行年月がわかりますので、興味のある方は御参照ください。


この3冊は昭和31年から発売されたアトムの最初の単行本です。
もちろん、全部初版ですが、残念ながらカバーがありません。
1巻目の初版には1と記されていないので、とても貴重なものです。


続いてはあの雑誌『少年』の付録です。
2013年7月28日、ついに全冊揃いました。苦節30数年・・・感動ものです。
収集に御協力いただいた方々に深謝いたします。



雑誌「少年」に引き続きアンソロ形式で刊行された「少年パンチ」の表紙です
「少年」のふろくよりふたまわりくらい大きくて存在感があります



昭和50年に朝日ソノラマから発行されたサンコミック全21巻と別冊1巻。
このシリーズのアトムは3頭身くらいで、とてもかわいらしく描かれています。
単行本化にあたりストーリーの随所に手塚先生自ら修正や追加をしているようです。


手塚治虫全集の鉄腕アトム18巻とアトム今昔物語3巻。
アトムのアップが多いのですが、ちょっとシリアスなこのアトムは個人的には苦手です。
手塚治虫全集は昭和52年の第1巻『ジャングル大帝』から
昭和59年の第300巻『ブッダ』まで7年にわたり毎月4冊ずつ発行されました。
一旦発行終了したのですが、その後の作品も次々と出版され、400巻くらいまであるようです。
手元には300巻まで初版でありますので、いつか全作品の表紙をアップしたいものです。