本文へジャンプ

 

 昭和30年代に健康管理が叫ばれておりました。急速に進歩する社会情勢では仕事に追われ、健康診断・健康管理は、つい縁遠くなるのが現状でした。
 IOS会は、それらの問題を解決するために、石崎先生・大和田先生・そして坂田らドクターや今までの胃切除をうけた患者さん、健康管理の重要性を認識している有志の方々が集い、産声をあげました。
 顧みれば、昭和30年、石崎先生が上都賀病院に赴任され、その後、千葉大学中山外科の上都賀病院赴任者の中に大和田先生と坂田が加わり、胃がん・胃十二指腸潰瘍等の消化器手術を行い、数多くの患者さんの苦痛を取り除き感謝されました。
 そして、昭和38年、宇都宮市にその本拠地を移し、より大きく発展し、“我々の仲間から胃癌の手遅れを出すまい、又、成人病の早期発見・早期治療をしよう”と、時代のニーズを先取りする形で発展して参りました。
 IOS会では、会員皆様の健康増進と共に、より多くの方々が、健康に長生きできるような啓蒙活動等も行う計画です。
 この啓蒙により、活動的で健康な高齢者が増え、ただ天井を眺めて寝ている長寿者を少なくするので、真の意味での世界一の長者国の確立に役立つ事と思います。


 IOS会は、年一回の集い・機関誌「すこやか」発行・IOS会健診・旅行会などを行って健康管理と親睦を図っております。
 入会金   ¥2,000円
 年会費   ¥3,000円
《 IOS会17年度役員 》
会    長     柳谷 昌子
副 会 長     藤平 正巳
   〃        猪瀬 文夫
   〃        寄川 年男
理事(事務局長)  矢口 勝夫
 外理事 5名
   Copyright © 2005 miyakenkou-clinic all rights reserved.