TV-Video増幅用3極5極複合管のページ


6AW8や6JV8などをオーディオアンプの出力管として使ってみます。


前回、8A8や9GH8Aなど使い道のない管を試せるように改造したアンプを、パソコン用につないで使っていましたが、
もう少し出力が欲しかったのと他の球も試したかったので、6AW8用に改造しました。
抵抗やコンデンサなど部品は8A8/9GH8Aのときと同じです
下の写真は6AW8Aを使用したステレオアンプで出力段は3結です。電流計はフルスケール75mAなので、出力段の
カソード電流は約15mAということになります。Ep=215V、Rk=390Ω、Isg=3mA、したがってバイアス電圧は6V、
ドライブはPeak to Peakで6Vしかいりません。


TV-Video用3極5極複合管はオーディオアンプの出力管として使えます。


次の表は代表的な小型出力管とTV-Video用3極5極複合管の5極部の規格です。
定格プレート電圧/電流スクリーングリッド電圧/電流プレート許容損失グリッド電圧GmRL出力
6ZP1180V/15mA180V/2.5mA3.5W-10V2300μモー12KΩ1.0W
6AK6180V/15mA180V/2.5mA2.75W-9V1750μモー10KΩ1.1W
6AW8A200V/15mA150V/3.5mA3.75W-29500μモー不明(7KΩで使用)不明
6JV8125V/22mA125V/4mA4W不明11500μモー不明(7KΩで使用)不明
6EB8200V/25mA125V/7mA5W不明11500μモー不明(7KΩで使用)不明


6AW8Aで試してみる。

前作と同様に、5極管のままでは感度が高すぎ、また内部抵抗も高すぎるので、3極管接続とする。
部品は8A8/9GH8Aと同じでカソード抵抗は390Ω、Ik=15mAとなり、プレート電圧215Vに対し、プレート損失約3Wとなる。
音を出してみると、十分に大きな音で、音質も悪くない。
この球の3結時の増幅率はグラフから読むと約25なので、内部抵抗は25/0.0095=2631Ωとなる。したがって、5KΩか
7KΩの負荷インピーダンスでよいことになる。

6AW8A


他の球も試してみる。

次に6AW8とピン接続が同じ6JV8、6LF8それにヒータ電圧違いの8EB8、8GN8なども試してみた。
これも全く問題なく動作する。

6JV8

6EB8


その他の代表的なVideo用3極5極複合管
6LF8、8GN8、6KA8、8KR8
6KA8はまだ試していません。


2011/05/07

back to top  
back to home page