PC9801DS2


 写真は、PC9801DS2です。この他にDS/U2があります。

電源盤PU463の修理

 このDSは電源盤が故障しており、起動できませんでした。電源盤PU463はDSだけでなく、RX、DXなどとも 共通で、製造後10年以上経っていることから、壊れていることが少なくありません。何とか直したいと 思い、余っていたBXやXeなどの486機の電源盤から、基盤を取り出し、PU463のケースに押し込んでみました。 コネクタは8pinで赤の5Vの方から数えて、1,2,3pinが5V、黒の4,5,6pinがGROUND、灰色の7pinが+12V、 青の8pinが-12Vになります。生きている電源の方は、テスタで電圧を確認できますから、ドナーになる 方のコネクタを切断し、PU463のコネクタにつなぎかえます。場合によっては、ドナーのプリント基板を、 少し削らないと入らないことがあります。うまく収まれば完成です。古い電源盤を心配しながらつかうより 、思い切って少し新しい物に交換した方が、いいですね。

主な仕様


型 名   :PC-9801DS2
価 格   :358000
発表日   :91/01
CPUクロック     : V30 8MHz相当 386SX16MHz
ROM       : BIOS及びN88-BASIC(86)96KB
標準RAM     : 640KB
最大ユーザーズメモリ  : 14.6MB
グラフィックVRAM容量 : 256KB
グラフィックVRAM画素数: 640*400
グラフィックVRAM色数 : 4096色中16色2画面
サウンドVRAM    : 16KB
テキストVRAM     : 12KB
拡張スロット数    : 4
拡張スロット電源容量 + 5V :0.8A
           +12V :0.06A
           -12V :0.07A
標準実装ドライブ  FDD  :5インチ1M/640KFDD*2
内蔵インタフェースコネクタ:1MFDDI/F  プリンタI/F  RS-232CI/F
             :マウスI/F  デジタル、B/WI/F  アナログCRTI/F
漢字         :標準:第一、第二、拡張
サウンド機能    :標準実装
カレンダ時計    :μPD4900相当年サポートあり
VCCI適合     :基準レベル0
使用条件   電圧 :AC100V±10%
       周波数:50/60
       温度 :10〜35
       湿度 :20〜80%(結露なし)
消費電力 標準 (W) :50
     最大 (W) :120
エネルギー消費効率 (W) :50
外形寸法 本 体 (mm)   (W):380 (D):335 (H):150
     キーボード(mm)   (W):435 (D):180 (H):34
重量 本体  (Kg) :9.4

(2003/04/11 追記)

  PC9801のページに戻る