9801UV21の電源取替えなど


9801UV21をジャンクで入手しましたが、電源が壊れているようでまったく立ち上がりません。(冷却FANが回らない)そこで他のPC98の電源を持ってきて、仮に接続して生かしてみます。接続するのは+5V、+12V、-12VそれにGROUNDの4種類です。赤の+5Vと、黒のGROUND以外は、色の使い方が少し違っていることがありますが、テスターと実際の配線の観察で見分けることができます。9801BXの電源を使い、見事に起動しました。しかし、9801UVは筐体の厚さ9cmの薄型で、普通の電源盤は入りません。折りよく、EPSONのPC486Pという、コンパクト型PC98互換機の電源盤が余っていましたので、分解して基盤だけにすると、何とか収まります。ショートしないよう、基盤の下側と筐体ケースの内側の基盤にあたりそうな部分に、丈夫な絶縁シートをはり、適当に固定すると出来上がりです。容量が少し足りないのが気になりますが、その後トラブル無く動作しています。PC9801UV21は1986年製で私のところでは、最年長の98になります。
  9801UV21には、3.5インチFDが2個ついています。これだけでも使えるのですが、一々フロッピーディスクを探したりするのが面倒なので、HDをつけることにしました。この時代のパソコンは、内部にHDを入れておくということがなかったので、9801UV21にも、もともと内蔵HDはついていないし、取り付けられるようにもなっていません。そこで登場するのが、外付けのSCSI HDです。なるべく古いものを使おうと思い、NEC純正のPC-HD 040R(40MB)を選びました。SCSIインターフェイスは、これまた古いNEC純正のPC-8901-55U(1991年製)を選び、 9801UV21に3つ付いている、Cバススロットの一番上に入れました。次に、FDでMS-DOSを立ち上げ、HDをフォーマットし、20MB、10MB、5MB、5MBの4個の区画を作りました。20MBがAドライブで一般のDOSアプリケーション用、10MBはBドライブでATOK6と一太郎Ver.3それにロータス123R2.3J用、次の5MBはCドライブで一太郎とロータスで作成したドキュメント用、最後の5MBはDドライブでN88BASIC(86)を入れてあります。このうちA、BドライブはDOS5.0Aのシステムをインストールしてあり起動ドライブになります。システムさえ入れれば、すべてのドライブを起動ドライブにすることも可能で、特に何もしなくても、マルチブートのシステムができます。この辺は、PC98の大変優れたところではないかと思っています。(DOS/V機ではWindowsNTとWindows95のマルチブートがデフォルトで可能)
上記の状態で、真夏に冷房のない部屋で使用していたら、起動時に渋滞したり、リセット後再起動しなくなったり、という故障が頻発するようになりました。熱対策ということで、本体のファンを比較的新しいものに取り替え、HDのファンはうるさいので取りはづしてあったものを、再度取り付けたところ、一応落ち着きました。しかし、何日か後、また起動渋滞が出たので、やむを得ず、SCSIカードを交換することにしたのですが、ここで問題があります。PC98用のSCSIカードなら何でもいい、というわけにはいかないのです。割と対応機種の広い、ロジテックのLHA301はだめで、LHA15も使えませんでした。使えたのは、TEXAのHA55BS3というカードで、PC-8901-55Uと比べ、起動が早く、安定して動作しています。PC-8901-55Uについては、NEC純正のHDでないと認識しない、ということが知られており、かって、この辺のことで、苦労された方が多いと聞いています。(NECチェックと言われ悪名が高かった)

PC-9801UV21の主な仕様など

型 名   :PC-9801UV21
価 格   :318000
発表日   :87/06

CPUクロック     : V30 8M/10MHz切り替え
ROM       : N88-BASIC(86)及びモニタ96KB
標準RAM     : 384KB
最大ユーザーズメモリ  : 640KB
グラフィックVRAM容量 : 256KB
グラフィックVRAM画素数: 640*400
グラフィックVRAM色数 : 4096色中16色2画面
サウンドVRAM    : 16KB
テキストVRAM     : 12KB
拡張スロット数    : 2
拡張スロット電源容量 + 5V :0.8A
      +12V :0.06A
      -12V :0.07A
標準実装ドライブ  FDD  :3.5インチ1M/640KFDD2-DRIVE
内蔵インタフェースコネクタ:1MFDDI/F  プリンタI/F  RS-232CI/F
        :マウスI/F  B/WCRTI/F  デジタルCRTI/F
         :アナログCRTI/F   
漢字         :標準:第一、第二オプション:拡張
サウンド機能    :標準実装
カレンダ時計    :μPD4990使用年サポートあり
VCCI適合     :基準レベル10
使用条件   電圧 :AC100V±10%
       周波数:50/60
       温度 :10〜35
       湿度 :20〜80%(結露なし)
消費電力 標準 (W) :100
     最大 (W) :120
エネルギー消費効率 (W) :100
外形寸法 本 体 (mm)   (W):398 (D):335 (H):87
     キーボード(mm)   (W):435 (D):180 (H):34
重量 本体  (Kg) :7.8


(2002/12/24追記)
PC9801のページに戻る