腸の働きをよくするヨガ


腸の働きを良くする運動・ヨガ


ヨガの基本は、鼻呼吸この呼吸法が腸の運動が腸の運動に司る副交感神経の働きを正常に保つのに効果的です。

鼻呼吸しながら、次のヨガをする
腸をリセットするには、四つんばいになり右足を1歩前に踏み出す、右手をお尻の上に乗せ、左手を足の内側に近ける。そのままいきを吸いながら、体を右にひねり右手を伸ばす。
この姿勢を30秒間続け、左右交互に2回繰り返す。

腸の筋肉を鍛えると腸の働きがより活発になる。

太陽を仰ぐポーズ

足を大きく開いて立ち、息を吸いながら両腕を上に伸ばし手を合わせる。
その後 息をはきながら、手を合わせたまま、ゆっくり前に降ろす。
これを1分間繰り返すこのポーズはひねりポーズの前後に行う。

腸によい効果をもたらす為には、朝・晩に行う。

仰向けになって、両手を頭の後ろで組み、膝を曲げ前に近スずける。
この時、尾骨が上がっている事を意識する。

TOP
疾患別食材マップ
健康食品マップ
リハビリ
各成分マップ