栃木 大 中 寺
栃木の史跡探訪
根無しの藤
油  坂
大中寺 山門
この寺の縁起として、今昔物語、雨月物語などの「青頭巾」の話として名高く、 境内にあります「七不思議の伝説」もまた、広く知られているところです。
所在地  栃木県 栃木市
大中寺七不思議の伝説
大中寺の七不思議
根無しの藤/油坂/枕返しの間/不断のかまど/馬首の井戸/不開の雪隠/東山一口拍子木
【大中寺の由来】
大中寺は久寿年間(1154年)に開創されました。当初は真言宗のお寺でありましたが、荒廃したために延徳元年(1489年)に快庵妙慶禅師が曹洞宗のお寺として再興されて今日に至っているものです。
上杉謙信がこのお寺に縁故があったため、当時、焼失していた七堂伽藍を上杉氏が寄進されました。
又、上杉氏と北条氏がこのお寺で和睦したと云う話も伝わっております。 
江戸時代に、徳川家康の信任が厚かった九世柏堂和尚は、寺領百石の御朱印を賜ったり、山林の寄進をも受けて、曹洞宗寺院の管理する関三刹の筆頭の寺院として、江戸末期までその名を馳せました。
さらに、十一世宗演和尚の頃、幕府から、曹洞宗天下大僧録に任ぜられ、大平山大中禅官寺と号して宮中にも参内して禅師号を賜わりました。 
その7  【東山一口拍子木】
大中寺の東のほうにある山中から拍子木の音が一声だけ聞こえると、必ず寺に異変があると伝えられている。その音は大中寺の住職にしか聞こえないといわれています。
その6  【不開の雲隠】 「あかづのせっちん」
馬の首を切って井戸に投げ入れた豪族晃石太郎の妻もやはり敵に追われこの寺の雪隠に逃げ込んだ、女は「敵につかまるなら」と、雲隠の中で命を絶った。以来、ここの戸は開けられたことがないと伝えられ、以後村人達は晃石太郎夫婦の祟りを恐れたといわれました。
その5  【馬首の井戸】
土地の豪族が戦いに敗れこの寺に逃げ込んできた。かくまってくれるよう頼んだが、後難をおそれて断ったところ 彼は大いに恨み、馬の首を切って井戸の中へ投げ込んだ。
その後、この井戸からは馬のいななきが聞こえたといわれてます。
その4  【不断のかまど】
ある修行僧が寺のものから隠れて、かまどの中に入って居眠りをしてしまった。それとも知らず寺男が火を焚きつけたためその修行僧は焼け死んでしまった。
それ以来かまどには火を絶やさないという習わしになったと云われています。
その1  【根無しの藤】
大中寺の開祖快庵妙慶禅師が鬼坊主の霊を弔うため墓標としてさした禅師の杖がどんどん成長したといわれ、その姿は異様に絡みあって凄みがある藤の古木。
の3  【枕返しの間】
ある旅人がこの寺に一夜の宿を乞い、この部屋で本尊の方に足を向けて寝たところ翌朝、目がさめると頭が本尊の方へ向いて居たという。びっくりした旅の男はあらためてその非を謝ったという。
その2  【油    坂】
ある学僧が燈火欲しさに、本堂の灯明の油を盗んで追われ、石段からころげ落ちたのが元で死に、そののちこの石段を上がり降りすると災いに合うと云われています。
大中寺の七不思議
馬首の井戸
油坂
大平山神社
滝尾古道
「史跡探訪」トップへ