絵 手 紙


初日の出
元旦に宇都宮郊外の小さな山に初日の出のご来光を
拝みに行く事が恒例となった。

東の空にポツンと光が射し、見る見るうちにオレンジ色の
閃光が眩しくなる。

眩しい光の中でジッと日の出を見守る息子の後ろ姿に
「こいつ今何を考えてるのかな?」と思う私。
平成20年1月1日 男抱山
山間(やまあい)の汽笛
弥太蔵谷から街へと下って来て一番最初に街の気配を
感じるのがトロッコの汽笛。

渓に後ろ髪を引かれながらも街に着いた安堵感を併せ
持つ心に不思議さを感じる。

また触れたい景色である。
平成20年9月15日 宇奈月温泉
つり橋
車止めから見える荒川本流に架かる大石橋。
この橋を渡ると源流への入口が開かれる。
一枚の足場板が並ぶワイアーで吊るされた橋は、
自分の歩調に合わせて上下に揺れる。
息子の緊張した顔が対岸に近付くにつれて綻んで
来る。
平成20年7月5日 朝日荒川
あの夏 小蛇尾の渓
川上さんと二人だけで行った小蛇尾川
焚き火で焼いた岩魚を「久しぶりに食べるよ」とニッコリ
笑って食べていた。二人で1匹を分け合い食べた、あの
岩魚の味は忘れられない。
平成16年7月25日 小蛇尾川
渓語りの翁
2008年7月21日〜22日 憧れの瀬畑さんとの釣行が
叶った。それも親子揃ってという思い掛けない幸運。
瀬畑さんが渓で見せる菅笠姿は私たち源流釣り屋が
見慣れた雑誌の世界。現実に自分の目の前で釣りの
身支度をしている姿は夢そのものだった。
平成20年7月22日 今早出川
灯台
防波堤の上の息子の後ろを歩きながら、前に見える
真っ白な灯台と、その先に広がる海が印象的だった。
海なし県に住み、遊び場はもっぱら川が多い私には
やはり海は特別のものだった。
平成20年8月24日 西伊豆
ヤドカリ
子供たちと遊んだ磯の思い出は沢山いた小粒のヤドカリ。
手に取ると手足を固く閉じたヤドカリが、砂の上に置くと
恐る恐ると歩き出す。そんな姿が面白かった。
平成20年8月24日 西伊豆
チタケ大収穫!!
8月13日 恒例のチタケ採りに行った。
沢山採れて背負い籠に一杯になった様子を描いた。
まあ、背負い籠に茶色い物が入っている雰囲気で
チタケだな・・・と感じて貰うしかありません。(笑)
平成20年8月13日 会津
焚き火で岩魚
細かい事を気にせずに雰囲気を表現してみた。
焚き火の様な上に串に刺した岩魚の様な物がある。
本当にいい加減な作品だと思う。(笑)
平成20年7月