燻製道具



  
   最近、私の周りで燻製作りを始めてみたいという人が増殖中です。といっても片手ぐらいです
   が・・・(^_^;) このような方々のご参考まで、また思いっきり背中を押して差し上げようと思い、
   私が使ってる燻製道具を紹介します。

    1 スモーカー



    私の使ってるスモーカーはアールテックさんの製品(旧型)です。丈夫で長持ちしそうです。
    大きさも必要十分です。ただし、据え置き仕様です。

    2 サーモスタット



    通販でパーツを買って手作りした「EGOサーモスタット」、簡単です。送料込で6000円
    くらいだったかな? だいぶ使い込んでるので汚れてます。右はスモーカーの温度計。
    サーモスタットがあると、本当に便利です。燻煙中、付っきりで温度管理する必要がなく、
    時間を有効に使えます。 私はWOWWOWで録り貯めた映画を見たり、冬はスキーのワッ
    クスをかけたりしてます。 こっちも趣味なもので・・・



    自作が面倒な方はアールテックさんで売ってるこれ! 他ではなかなか売ってません。
    古いのが壊れそうなので最近買い増ししました。ステンレスケースがきれいで、手入れ
    し易そうですね。

    3 電気コンロとチップ皿



    このコンロは600wです。冬場はシーズヒータータイプの1200wを使うこともあります。
    皿は100円ショップ(ダイソー)で売ってます。底が平らでまさにぴったり、ただし157円!
    です。(100円ショップだろ(ーー;)) どちらもステンレス製です。錆びないのでいいですね!

    4 チップ



    私は、ヒッコリーを使ってます。「香りがよく、くせがないので万能・・・」と参考書にありました
    ので。思いっきりよく業務用15kgを買い込みました。いろいろブレンドして使っている方も
    多いようですが、もっと上手くなったら試してみようと思ってます。今はまだまだ・・・。

    5 小道具



    @ バット。サイズは、15枚取り。「15枚取り」の意味は不明です<(_ _)>が、冷蔵庫の棚、
       ベーコンの大きさ等、ベストマッチです。
    A 黄色いのはミートチョッパー(「MEET SOFTER」と書いてあります)。肉の穴あけに使い
       ます。家庭では、とんかつ等の肉の筋切りにも使えますから便利ですよ。
    B S字フックは、大物をぶら下げるとき使います。
    C 一番奥の棒は、自作の金串です。3mmのステンレス棒をスモーカーの幅に合わせて
       切り、やすりで先を研ぎました。ビーフジャーキー、鳥のささみ、秋刀魚等、数が多く、
       比較的軽いものを大量にぶら下げるには手間が省けて便利です。
       洗うのも網やS字フックより楽チンです。(^^)v これは使えます。



    肉の下処理や、塩やスパイスを擦り込んだりする時に、この調理用手袋を使うと衛生的です。

    6 スモーク・ウッドとバーナー



    冷燻はスモーク・ウッドを使います。スモークウッドの着火は、家庭用ガスコンロのボンベ
    を使うガス・バーナーが便利。
    他にもバーベキューの際に炭の着火に使ったり、料理に使ったりしてます。

    7 消毒用アルコールとミート・サーモ



    @ ベーコンやハムなど、冷蔵庫とはいえ、一週間以上も肉を熟成させるので、雑菌の
       進入を完全に防がなくてはなりません。ということで、まな板や包丁などの道具をよく
       洗い、乾燥させてからアルコール消毒することをお勧めします。もちろん手も・・・
       薬局で売ってるエタノールを精水で割って(7:3)使用してもOKです。
    A ミート・サーモは肉の中心温度を計る温度計です。ロースハムのボイル等で使用します。

    8 フード・セーバー



    燻製は一回に多量に作るので、これがあれば便利です。ハムやチーズ等、冷凍に向かない
    食品も冷蔵で長期保存できます。人に燻製をプレゼントする時にも使えます。

ページTOPへ
          
HOMEに戻る
HOMEに戻る