引っ越しました!

  こちらはClove・Pinkの旧サイトの日記です。

  現在のブログはこちらです。

 2008年3月9日(日)

  ついに今日がこちらでの最後の日記になります〜。 思い起こせば、初日記は2003年の4月17日でした>見て確認(笑)。 日記が続いたことのない私でも、今まで続けてこられたのも、読んでくださる方がいらっしゃるからですね>獅子座なので、ギャラリー不在は駄目なんです(笑)。 本当にありがとうございます。
  そして、5年近く書いた日記は私の宝物です。 いずれ子ども達が読んでくれたら嬉しいなぁ。もちろんたいしたことは書いてないけど、我が家の日常ということです。

  画像は猫車のカフェスペースに置いたお花>もちろんプリザです。
  左の器は、益子の石川若彦氏のもの(←このブログ美味しそうなものがいっぱい&きれいですよっ! 今のぞいたら、1日分でこのあいだ持って行ったチューリップ活けてくれてます(嬉)。 若ちゃんの白い花器、ほんとに真っ白で質感も独特、素敵です〜)  器が特別なので、このアレンジは非売品です。 どう特別かというと、7,8年前、同じく益子のペンション・サイトで、うちの生徒さん達とハーブを活けるレッスンを行った時、お願いして作ってもらったものなのです。確か3,40個焼いてもらったのですが、うちにも2つしか残っていません。 参加された皆さん、今でも持ってるかな? 若ちゃん、最近はこういうのは作ってないから、ファンの方にとっては貴重なものですよね、ぜひ見に行ってみてください(笑)。

  新しいサイトでは、fc2のブログを使います。 まだ余裕がなくてカスタマイズしていないので、テンプレートをお借りしてます。 では、無事に10時2分にアップできますように。。。。これからも、よろしくお願いいたします!
  
<今日はまったCD>
 山下達郎 マル秘音源


 2008年3月7日(金)

  こちらのサイトは、10日(月)、午前10時2分にリニューアルオープンいたします。時間は一応お星様見て決めましたです(笑)。
  ドメインとって、レンタルサーバーでがんばります。 引き続き、のぞいてやってくださいませ。。。。といっても、ただいま仮アップ中につき、新しいアドレスはまだ秘密です(笑)。

  今日は、横浜から「かまなりや」の、若林ご夫妻が、益子の展示にいらしてくださいまして、楽しいひとときを過ごしました>感謝。 芸達者な陶芸家のご主人、どこからか筆を執りだし、木工の大塚さんに「名刺代わりに」と、はがきにさらさらと一筆書いて渡されておりました。。。若林氏は私と同年代なんですが、やることなすこと話すこと、おろしろかっこ渋いんです。 その筆も骨董の携帯用の筆入れ>墨壺付き。。道具の名前をお聞きしましたが、忘れてしまいました! もちろん私にも、お祝いの言葉を書いてくださいましたので、後ほどご紹介したいと思います。
  私は字がド下手で、どうしようもなく恥ずかしい思いを何度となくしてまいりましたが、日本人だもの、いつかはあのようにさらさらっと、筆を動かしてみたいものです。

  画像は、卓上ライトの試作品。ほわんとして、かわいくできたと思います。 まだ試作ですが、来週から何点か展示させていただきたいと思います。
  猫車での展示会は、23日までデス!(月&火おやすみ) よろしくお願いいたします。
  
<今日はまったCD>
 羊毛とおはな 「LIVE IN LIVING’07」

  昨日J-WAVEで、4月に発売の新曲を聴いて、一聴き惚れ! 声もギターも、すごくいい感じです。 

 2008年3月4日(火)

    27日に始まった、益子猫車での、3人展(お花・私、写真・新田洋一氏、木工・大塚和彦氏)、「Put Flowers.」、一週間経って、ようやく落ち着いてきました>私が。。(笑)
  知人や友人、そして猫車にいらっしゃった色々な方に熱心にごらんいただき、嬉しく思います。 またすでにお嫁に行けた作品も! ありがとうございました。 初めてのお客様もあり、大変励みになりました。
  実は始まって3日目で、模様替えを敢行!(笑) これからも、作品も足しながら、常に新鮮な展示にしていきたいと思っていますので、23日の会期終了まで、よろしくお願いいたします。

  おかげさまで、ワークショップの方もたくさんのお申し込みをいただき、8日、12日ともにほぼ定員に達しております。しかし当日まで、キャンセルなどの変動もあると思いますので、興味のある方は猫車か私の方までお問い合わせくださいね。

  今日は一息入れようと、映画 「いつか眠りにつく前に」 を見てきました。 豪華キャストによる静かな感動作で、満足。
  まず思うのは、「人生の最後をこんな風に迎えられたらいいな」、ということ。 主人公は自宅のベッドルームに重病で伏せっていて、娘達の看病を受けながら静かに死を待っています。。。その家は普通の家なんだけど、とにかく寝室が素敵なんです>最初がそこって、おい! 白い寝具。。寝てみたいっ!。。。もちろん病院のものとはまったく段違いですよねー、白い鍵編みのベッドカバー素敵! また風水的にはどうかと思うけど(笑)、枕元の窓も気持ちよさそう。。。寝室は大事ですからね。。。我が家も反省しないと(汗)。

  そして、人生はほんとうに「選択」の繰り返し。 死を前にするまで、もしかしたらその時も、それらの選択が正しかったかどうかはわからないけど、正しかったと思える自分でいられることが、何より幸せということですよね。 無理やりに幸せだったと考えるのではなく、自分の小さな幸せを一つ一つ数えいくうちに、ニコニコできて、心も温かくなるようだったらよいですね。
 終了後、一緒に行った友人と、「お互い娘がいて良かったわねぇ」とも。。。母にも見てもらいたい映画ですね。一緒に行くのは嫌だけど(笑)。

<今日はまったCD>
 sade 「The best of sade」



■最新の日記に戻る

■過去の日記