春木屋の歴史  創業と初代

『春木屋』は、昭和23年(1948)戦後まもなく創業したと記録には残っています。「春木屋」の由来は、初代の先祖が、今となっては何処だったのか定かではありませんが、春木村という村の出身であったためと言う説と、初代の父の名が「春吉」であったからと言う説があります。
店内イメージ

(創業前?戦前の会社として立ち上げる前の春木屋の写真 場所は現在の材木町らしいです。看板には「パン喫茶洋食」と書いてあります。

まず初めに、「春木屋を語るには、破天荒な初代店主 佐藤広吉(ひろきち)について、三代目である私が聞いた事をお話しします。

小さい頃から暴れんだった様で、よく店にいらっしゃった幼馴染の方が、「お宅のおじいちゃんは、きかなくってねー!怒りん坊で大変だったんだよ!」と、来るたびに言っていたので、よほど印象に残るきかん坊だった様です。

学生の頃の話を聞いたことがあります。

すぐに生徒を殴る先生がいて、みんなが怖がり困っていたので、ある時 殴られた後 わざと倒れて口から泡を吹いたのだそうです。救急車を呼ぶような騒ぎになって・・・それ以降、その先生はあまり生徒を叩かなくなったそうです。「俺は 皆のためにいいことをしたんだ。」と話していました。

 

また、「俺は 今まで13の職業をやったんだ。」と言っていました。

今までに聞いた事、写真などが残っていて何となく分かっている事、面白いエピソード等をまとめてみると・・・・

1.パン屋   学校の羽目板をはがして焚火をしたりしていたので学校を辞めさせられ、おばさんに連れられて、上野「ナガフジ」(現在は,辞めてしまわれたのでしょうか?)「タマゴパン」「甘食パン」で有名な老舗パン屋さん)に奉公に出されたそうです。

その奉公先でも「職人が30人位い居たけど、その中でも俺が一番 男前だったから、飯炊きの○○ちゃんが俺に惚れちゃって、飯の量でも魚でも一番大きいのが来たんだ。」と自慢げに言っていました。

本当かどうかは、分かりませんが、「うぐいすパンを考案したのは俺だ。」とも言っていました。「ナガフジ」さんが、うぐいすパン発祥の店であれば、もしかすると可能性はあるかもしれませんね。

料理イメージ

   初代のパン屋時代の写真

2.もなか屋

3.パチンコ屋 九州や関西に計3店舗展開していたようですが、なかなか目が届かずトラブルが多くて断念したようです。

4.富くじ屋?今でいう,宝くじ屋でしょうか。

5.アイスキャンディー屋 『宇都宮で最初に「アイスキャンデー」を売ったのは俺だ。』と言ってました。

食材イメージ

アイスキャンディーの宣伝のため、チン・ドン屋さんを雇って記念写真?場所は、二荒山神社参道、後ろの建物は、「旧足利銀行」

食材イメージ

奥の看板には「長谷川式冷凍機関関東地方一手販売・アイスキャンデー・東京キング〇〇〇東部宣伝部出張」と、手前の看板は「今流行の最新〇〇・キングコリント・来よ見よ!楽し〇〇」なんか・・・色々と手広く遣っていた様です。「キングコリント」はスマートボール屋の屋号のようです。

6.スマートボール屋 現在のオリオン通りにあった様です。

左側一番手前が初代