MEDICAL FEE

突然の、手術入院...
   『 自分は、絶対、がんになんか、ならない。』 って思って生きてきました。

 でも、この歳で、いきなり...です。
正直、焦りましたね...、いろんな事、その瞬間から、止まってしまいました。
 始めは、純粋に、この体、命は、どうなってしまうんだろう?って
そればかりで、頭が、いっぱいでした。

 だけど、落ち着いてきてからは、だんだん、生活の心配の方が、大きくなりました。
 人間、生きていれば、健康だろうが、病気だろうが、平等に、お金が要ります。

 時々、闘病中の若者が、治療費や、生活費で悩んでるのを眼にしました。
 実際、今の若い人は、いざと言う時の 『 備え 』 なんて、してませんよね?
 今も、病院の休憩所で見た、若い奥さんの涙が、忘れられません。
  『 これから、どうすればいいの? 』
 
 病気の家族を支える人も、ほんとに大変だと思います。
 病気の家族の、『 体の心配 』と、『 生活費、治療費の捻出 』 に、
同時に、悩まなくてはならないからです。

 それで、自分も含めて、病気と医療費、生活費に苦しむ人に、少しでも、
参考になればと、いろいろ調べてみました。
 知ってる事ばかりかもしれませんが、確認のためにも、見ていただけると、
うれしいです。

 今、健康な人も、『 もしもの時 』 のために...、どうぞ。

 ===================================

                 重い病気になったら  

 勤めてる人は、とりあえず、会社に報告...ですね?
これがねえ...、『 がん 』だったりすると、嫌ですねえ、伝えるの...。

 でも、大抵は、1ヶ月以上の入院だから、黙ってる訳にもいきませんね。

 長く勤めている人は、ある程度、有給休暇で対応できるかもしれませんが、
退院して、すぐ職場復帰って言う人は少ないでしょう。

 そうなると、有給休暇が切れたら、休暇(病欠)扱いになりますね?
これは、会社や、雇用形態で、規定が違いますね。
 1ヶ月〜1年以上、休暇手当てが出るところがあります。
だいたい、今までの給料の七割が、支給されます。
 ( 派遣社員、臨時社員、パートとかでは、適応にならないところが多いです。)

 それも切れると、『 傷病手当 』のお世話になると思います。


    傷病手当金  

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために
設けられた制度で、病気やけがのために会社を休み、
事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。  

A 傷病手当金が受けられるとき 
傷病手当金は、被保険者が病気やけがのために働くことができず、
連続して3日以上勤めを休んでいるときに、4日目から支給されます。
ただし、休んだ期間について事業主から傷病手当金の額より多い報酬額の
支給を受けた場合には、傷病手当金は支給されません。  

B 支給される金額 
支給額は、病気やけがで休んだ期間、一日につき、
標準報酬日額の6割に相当する額です。
なお、働くことができない期間について、ア、イ、ウに該当する場合は、
傷病手当金の支給額が調整されることとなります。  

ア 事業主から報酬の支給を受けた場合 
イ 同一の傷病により障害厚生年金を受けている場合(同一の傷病による国民年金の障害基礎年金を受けるときは、その合算額)  
ウ 退職後、老齢厚生年金や老齢基礎年金又は退職共済年金などを受けている場合 
(複数の老齢給付を受けるときは、その合算額) 


 ア〜ウの支給日額が、傷病手当金の日額より多いときは、
傷病手当金の支給はありません。 
・ ア〜ウの支給日額が、傷病手当金の日額より少ないときは、
その差額を支給することとなります。 

支給期間 

仕事を休んだ日の4日目から1年6ヶ月間

 
 請求場所 

健康保険組合か社会保険事務所の給付課

 
 必要書類 


健康保険傷病手当金請求書(用紙は提出先にあります) 
休業証明書 
医師の診断書 
健康保険証 
印鑑  

        ( 社会保険の資料より)

解雇されてしまったら...
 精神又は身体の障害により業務に耐えられないと認められる場合
30日前に予告するか、又は労働基準法第12条に規定する
平均賃金の30日分を支給して解雇する。

 一応、会社が、予告すれば、解雇もできることになっています。
入院、自宅療養が、長引けば、当然、会社も、なんらかのアクションは起こします。
 いつまでも、籍を置いてくれる、優しい会社ばかりではありません。

 『 おれが、いなければ、この会社はダメになる。』
な〜んてこと、今の時代、めったにありません。(~_~;)
自分がいなくても、ちゃ〜んと、会社は、回ってるものです。

 そこで、退職となったら、次の準備をしなくてはなりません。

   ハローワーク

 『 自分は、ガンだから、失業手当なんか、どうでもいいや。

 なんて考えて、失業手当の『 支給延長申請 』の手続きをしておかないと、
あとで、後悔する事になるかもしれません。

 失業手当は、『すぐ働ける人』にしか、支給されません。
 でも、退院後に、体調がもし、万全に戻らなくても、
『 条件付で働ける。』と、主治医が診断書に書いてくれれば、支給対象になるからです。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 雇用保険の被保険者が離職して、次の(1)及び(2)のいずれにもあてはまるときは一般被保険者又は短時間労働被保険者については基本手当が支給されます。
 
 (1) ハローワークに来所し、求職の申込みを行い、就職しようとする積極的な意思があり、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、本人やハローワークの努力によっても、職業に就くことができない「失業の状態」にあること。
したがって、次のような状態にあるときは、失業給付を受けることができません

  ・病気やけがのため、すぐには就職できないとき
  ・妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できないとき
  ・定年などで退職して、しばらく休養しようと思っているとき
  ・結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができないとき 
 
受給期間  
 雇用保険の受給期間は、原則として、離職した日の翌日から1年間(所定給付日数330日の方は1年と30日、360日の方は1年と60日)ですが、その間に病気、けが、妊娠、出産、育児等の理由により引き続き30日以上働くことができなくなったときは、その働くことのできなくなった日数だけ、受給期間を延長することができます。
ただし、延長できる期間は最長で3年間となっています。
なお、所定給付日数330日及び360日の方の延長できる期間は、それぞれ最大限3年−30日及び3年−60日となります。

この措置を受けようとする場合には、上記の理由により引き続き30日以上職業に就くことができなくなった日の翌日から起算して1ヵ月以内に住所又は居所を管轄するハローワークに届け出なければなりません。(代理人又は郵送でも結構です。)
 
               −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 必ず、退職したら、ハローワークに行って、手続きをしておきましょう。

医療費について
医療保険などに加入してなかったり、貯蓄もほとんどなかったら、
医療費を捻出することができません。

そこで金利は高いのは分かっていましたが、すぐに貸してくれる
消費者金融数社でお金を借りてしまった...という人もいますね。

 これでは、金利分の返済もままらない状態です。
支払いに行き詰まって、生活が破綻し、夜逃げしないといけなくなります。
絶対に、軽はずみな行動はしないで、相談できる機関に行ってください。

 医者は、患者の経済状況に応じて、患者の自己負担額と併せて提示して,
患者に選択を迫るような方法に、賛成する者は少ないでしょう。
 金額の大小に関わらず、最善の治療、手術を提案してくるはずですね?

      医療費について

  高額療養費  

重い病気などで病院等に長期入院したり、治療が長引く場合には、医療費の自己負担額が高額となります。そのため家計の負担を軽減できるように、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される高額療養費制度があります。
ただし、特定療養費の差額部分や入院時食事療養費は支給対象にはなりません。

A 自己負担限度額
被保険者、被扶養者ともに1人1か月の自己負担限度額は所得に応じて、次の計算式により算出されます。
 
70歳未満の方
ア 生活保護の被保険者や市町村民税非課税世帯などの方
  ……35,400円
イ 標準報酬月額が56万円以上の被保険者及びその被扶養者
  ……139,800円+(医療費−466,000円)×1%
ウ ア、イに該当しない方
  …… 72,300円+(医療費−241,000円)×1%
 
       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 お住まいの地域の市役所・区役所・町役場・村役場に相談しましょう。

 ただし、支給(振込み)されるのが数ヵ月後!
これがねえ...、結構つらいんですよねえ。(~_~;)
やっぱり、普段の生活を続ける家族のためにも給料の半年分程度の貯金
少なくとも必要かもしれませんね?

 とにかく、時効があるので毎年税務署に出向きましょう。
レシートなどは必ず取っておくこと。
もし紛失した場合も家計簿・日記・手帳などがきちんとつけられていると
支出とみなしてくれることもあるようなのできちんとつけましょう。

  それでも、払えない時は...

 高額で支払が困難な場合は、
保険(国保・社保)が医療費を立替えて支払ってくれる制度があるそうです。

 一部負担金の支払いに困るような場合には
どうすればよいのでしょうか

 「高額医療費融資制度」があります。
この制度は高額療養費支給見込額の八割相当額を無利子で融資して
当座の医療費支払いにあて、適切な療養の確保と家計負担の軽減を図れる
ことを目的としているのです。
もちろん高額療養費が支給された時は融資金との精算が行われます。

大きい病院であれば、相談窓口もありますので 1度相談してみてください。
相談窓口が無い場合には、国保なら市役所の保険給付関係の窓口、
社保なら会社で加入している健保組合に問い合わせてみましょう。

貯金だけで何とかしようと思わずに、いろいろな制度を利用することで
心配のタネも少し減ります。
立替払いなので、あたりまえですが返済する義務はあります

   

医療費について 3
      自己負担になるもの

 思わぬ負担とは 、『 差額ベット代!』 です。

入院をする部屋は通常は、公的医療保険の対象となります。
しかし、4人部屋以下などベット数の少ない病室を利用した場合、
特別に料金が加算され、その加算分は全額自己負担となってしまいます。

 手術直後は、当然、個室ですよね...?
そうじゃなくても、患者としては、やっぱり個室が、いいですよね?
体が痛い時、安心して、苦しめるし、愚痴も言えますから。(~_~;)

 でも、調子に乗って、個室に長居してると、後から、とんでもない請求書が、
やってきて、焦ります。
だから、中には、『 まだ、個室にいなきゃダメだろ? 』って人も、
大部屋に入ってくる人もいます。
でもね、周りからするとね、かなり迷惑だったりするんですよね。

 やっぱり、『入院保険』は、加入しておくべきでしょうね。
今は、いろいろ、掛け捨てとか、安い保険ありますよね?

    差額ベット代の目安

 室区分     等級         料金       
 個室       AS〜A5      75,000〜25,000円  
          B0〜B6      18,000〜 5,000円 
 2人室      C1〜C4      8,000〜 5,000円 
 4人室      C5               2,500円 
大部屋       D                  0円 

高度先進医療
            高度先進医療

  『 治せるなら...、長く生きられるなら...、何でもしたい。』

 これが、家族の本音かもしれませんね?
 患者本人は、どうでしょう? う〜ん、人それぞれかなあ...?

 民間療法に限らず、病院の治療でも、保健適用外のものが、たくさんありますね。

過去には、健康保険の給付に取り入れられていない高度先進医療を行うときには
、健康保険の医療給付は一切受けられないことになっていました。

 しかしその後、都道府県知事の承認を受けた大学病院などの
「特定承認保険医療機関」において保険給付に取り入れられていない
高度先進医療を受けたときに限り、技術料以外の医療費
(診察料、薬剤費、入院料など)は「特定療養費」として健康保険から
給付されることになりました

 前は、保健適用外の治療を、一つでもしちゃうと、適応の治療まで、
保健が効かなくなってたんだよね...、信じられないね?

 健康保険の枠からはずれる高度先進医療の
技術料に関しては、差額として自己負担することになります。
 なお、療養費というのは、医療機関の窓口でいったん立て替え払いを
してから健保組合に請求して支給を受けるものですが、
この高度先進医療に伴う特定療養費は、医療機関が患者にかわって医療費を
健康保険に請求しますので、窓口での支払いは一般の保険診療と同様になります。

 今は、『 差額 』 だけ、払えばいいんだね。
でもねえ...、それが、かなり高額な治療だったりするんだよ。(~_~;)
 だけど、医者から、『 この治療は効くよ。』って言われちゃったら...、
家族としては、受けさせたいのが本音だろうね。

 たとえば、今注目されてる最先端のがん治療の 『粒子線治療』
、粒子線医療粒子線の照射費用は、300万円弱。

 めちゃくちゃ高いですよねえ〜!
でも、テレビとかで紹介されてるの見ると、『 効きそう〜! 』

 粒子線治療は患部を照射することでがんを狙い撃ちでき、痛みや副作用も少ないんだって。

 治療には保険が適用されず、高額になるため無利子の貸付制度を創設してる所もあるらしいよ。(返済期間は原則五年以内。)
 でもなあ...、300万の借金、きついですねえ。(~_~;)


   それから、抗がん剤とかでもさ...
 クスリそのものはすでに厚生労働省から認められているのに
、使うがんの種類が違うと保険適用外になってしまう抗がん剤があるでしょ?

 海外の国では標準的な治療薬として使われている抗がん剤であっても、
日本で臨床試験が行われていないと他のがんに使うとき保険が
適用されないだよねえ...。(~_~;)
 そのため、がん患者さんがその抗がん剤を使えない、
または使おうとすると検査などにかかる費用まで全額を
自分で支払わなければならないという現状があるんだわ。

 今、いろんな医師や、団体が頑張って、改善するように運動してるね。

厚生労働省「平成13年人口動態統計」によると
年間のがん死亡者数が30万人の大台をはじめて突破し
、男性18万1393人、女性11万9265人と合計30万658人。

 また、がんにかかる人の数も増加の一途をたどり、
年間50万人から60万人と推定されています。

1週間平均で6000人の命ががんで奪われ、
日本中で新しいがん患者は毎週1万人ずつ増えつづけているらしいです。

 『 がんの治療 』 は、本当に苦しいですね...。
治療そのものも、もちろん苦しいけど、生活も、ほんとに苦しいです。

 幸運にも、『 余命告知に反して、長生きした。』 時は、
うれしいけど...、生活は、どんどん苦しくなるのは、皮肉です。

 治って、元気に職場復帰できる人。
 年金を貰ってて、貯金にも余裕のある人。
 扶養してくれる人がいる人。

 素直に、『 感謝 』 の気持ちで、穏やかに過ごせるでしょうね?

 でもね...、

 退院したけど、体力的にも、再就職口が見つからない人。
 若年で、一家の大黒柱で、幼い子がいる人。
 住宅ローンなどの借り入れが多い人。
 看病で、代りに稼げる人がいない場合。
 年金受給まで、数十年もある人。

 なんかは、生活費に追いまわされて、2重に苦しいんですよね。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    
          税金等の支払いについて

            国民健康保険

 これは、加入してないと、とんでもない高額な治療代になりますよね?(~_~;)
でもね、若い人で、フリーターの人なんかで、加入してない人もいるんですよね。

  日本では国民皆保険制度を採ってて、、誰もがいずれかの医療保険制度に
加入することになっているんだけど...。

 会社を退職した場合など、健康保険組合や政府管掌健康保険、共済組合などの
被用者保険を脱退された場合は、これまで被扶養者であった方を含め、
国民健康保険に加入することになります。
 
 でも、『 どうせ俺は、病気なんかしないから、関係ねえよ。』 なんて言って、
加入しない人もいますね。
 
  国民健康保険の保険料の支払いに困ったときは、
お住まいの市区町村の国民健康保険窓口にご相談くださいね。


          任意継続被保険者制度 (任意継続被保険者)


  会社などを退職し、被保険者でなくなった場合 

 国民健康保険(最初の1年は保険料が高い等の理由・・・・)に加入しないで、
希望により健康保険に加入した被保険者を任意継続被保険者といいます。
 
 申請期間は退職翌日から20日に限定しています 逆選択防止のため
保険料 全額自己負担ですので退職時の健康保険料のと同額の会社負担分を
あわせて納めることになります。
  (初月は申請時に納付しますが、2月目以降は毎月10日までに)

 国保と健保とどちらが有利ですか? 計算しましょう。
(組合管掌の場合は異なるので確認してください)   

 標準報酬月額が変わりますので気をつけてください。
期間 2年間  55歳以上で退職した場合は60歳まで  自己負担3割
参考 任意継続被保険者は再就職までのつなぎとしての制度で2年間可能です 
2年間の加入と前納を勧められると思います
保険料納付に前納と月払がありますが再就職で健康保険に加入すれば問題はありません。
それ以外は原則として途中で辞めることは出来ません 払ったら途中解約で返してくれません。

 自分の時は、会社の健保の方を利用すれば、自己負担が、『2割負担』で済むので、
迷わず、健保の任意継続を選びました。
 でも、今は、どちらも、『 3割負担 』 になっちゃいましたね?(~_~;)

 どちらが得か、調べて選びましょうね。



             国民年金

  国民年金の保険料は定額で、現在(平成16年4月)、
月額13,300円となっています。

  国民年金の保険料を納めることが困難な方は、保険料が免除される場合が
あります。
  保険料の免除が受けられるのは次の場合です。

  一つ目は、国民年金や厚生年金などから障害の年金を受けているときや
、生活保護法による生活扶助を受けているときなどです。
この場合は、市区町村役場を通して地方社会保険事務局長又は
社会保険事務所長に届け出れば免除されます。(法定免除)

  二つ目は、所得がないなどにより保険料を納めることが著しく困難と
認められるときです。
この場合は、市区町村を通して申請を行い、社会保険庁長官が認めた
場合に限り免除されます。
なお、申請年度もしくは前年度における失業の事実を明らかにする
公的機関の証明(雇用保険受給資格者証の写しや雇用保険被保険者離職票の
写しなど)が併せて提出されれば、保険料の免除が受けられることとなります。

 これは、世帯主がガンになったような時が、対象になるでしょうね。
主婦の方では、おそらく免除にはならないと思います。


                    住民税

 在職中の所得税や住民税は給料から控除される形で納付していましたが
、退職後は自ら直接納付しなければなりません。

住民税(都道府県民税及び市町村民税)については、
前年の所得に対して納税額が決定しますので、
失業中で現在収入がない場合であっても、前年に一定の所得があった場合は
原則として住民税を納付する必要があります。

 前年の所得に対してなので、きついですね?(~_~;)
でも、『 傷病手当 』は、所得とみなされませんから、
他に、収入が無ければ、住民税はゼロになるかもしれませんよ。
 

仕事探し...
 闘病が長くなり、『 傷病手当 』、『 失業手当 』等の支給が無くなれば、
少しくらい、体が具合悪くても、働かなくてはいけなくなりますね?
 もちろん、お金持ちの方は、別ですが...。(~_~;)

 そこで、ハローワーク等で、仕事を探す事になりますね。
でも、そう簡単には、ガン患者が、就職口が見つかるほど、世の中、甘くない。(~_~;)
健康体の人でさえ、みつからずに、自殺したり、ホームレスになる時代です。
 でも、何もしないで諦めるしかないって言うわけにはいきません。

              技能習得手当

 受給資格者が公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受ける場合に支給されます。離職理由による支給制限中であったとしても結果的に支給制限が解除されるのでこれにあわせて支給されることとなります。 
受講手当
受給資格者が公共職業安定所長が指示した公共職業訓練等を受けた日であって、基本手当ての対象となる日について支給します。 
日額600円です。 
受講手当の支給対象となる基本手当の支給される日とは内職収入による減額計算を行った結果基本手当を支給されないこととなる日は含みます。待期中の日、給付制限期間中の日、傷病手当の支給対象となる日は含まれません。 
特定職種受講手当
受給資格者が公共職業訓練等であって厚生労働大臣の定める職種の訓練を受ける場合に受講手当に上乗せして支給されます。 
月額2000円です。 
通所手当
受給資格者が訓練施設に通所するための交通費です。 
月額最高42500円です。 

 手続
 
 受給資格者が技能習得手当及び寄宿手当の支給を受けようとするときは受講証明書に受給資格証を添えて管轄公共職業安定所長に提出しなければなりません。 
技能習得手当及び寄宿手当ては受給資格者に対し、基本手当の支給日または傷病手当を支給すべき日にその日の属する月の前月の末日までの分が支給されます。 
        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 すぐに、再就職口が見つからない時でも、これらの訓練所に入校すれば、
技術も身につける事も出来る上に、手当ても支給されます。
 体調と、医師と、ハローワークの職員の方と、ぜひ、相談してみてはどうでしょう?

 ただ、入所するには、定員の関係で、試験や、条件も、あるらしいですが...。

 でも、あくまでも、再就職のための訓練所と言う事を、忘れずに。

生活保護...
           生活保護
 

 病気や事故などにより働けなくなったり、働き手が死亡したりして
、生活に困っている方に、その状況に応じて最低限度のくらしを保障し
、自分で自分の生活を支えられるようにお手伝いします。

自分の持っている資産や労働力、親族の援助、その他のものを生活の維持に
活用し、なお生活に困るときに保護が行なわれます。

申請…… 本人か扶養義務者または同居の親族が   
 決定…… 国で定めた基準によって決定されます。 
 種類…… 区分
 
生活扶助 毎日のくらしに必要な費用 
住宅扶助
 家賃、地代などの費用
 
教育扶助
 義務教育に必要な学用品や給食費などの費用
 
介護扶助
 介護のための費用
 
医療扶助
 病気やけがの治療に必要な費用
 
出産扶助
 出産のための費用
 
生業扶助
 仕事につくための費用
 
葬祭扶助
 葬祭に必要な費用

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  生活保護は、よく聞きますが...、かなり、ハードル高いですね...。(~_~;)

  『 働ける人には働いてもらう。』
  『 資産価値のあるものは処分してもらう。』
  『 援助できる身内がいればその人に援助を求めてもらう。』
  『 利用できる制度があれば利用してもらう。』

 マイカー、保有が、認められないのは有名ですね。
また、生命保険についても、原則として解約させられるそうです。
(ただし、いずれも例外がありますから、かならず事前に相談してみてください。)

 持家はローンが残っているときは処分する必要があります。
すでにローン返済が終わっている場合には、資産価値を見ながら
相談していくことになります。

 これが、一番の問題ですよね? 『持ち家の処分』...。
もし、長年ローンを払ってきた家を、わずかな保護の『支給金』を貰うために、
手放すのは、どうでしょうか?
 ましてや、『余命わずか』ともなれば...??
住宅ローンは、世帯主が亡くなれば、ローンは、保険で、それ以降、払わなくて、
済むわけですから...、残される家族の事を考えたら、処分できませんね?

 それから、親兄弟にも、連絡が行きます。
誰か、援助できる人がいないか、徹底的に調べられます。
三親等内の親族には扶養義務が発生します。
通常は、「親兄弟子供」が扶養の範囲に入るそうです。
生活保護の申請後、通常は扶養義務者に「扶養照会」と呼ばれる手紙が
送付されます。
いきなり福祉事務所から書類が送られてきたら、親兄弟は、驚くでしょうね?(~_~;)

 それから、気になるパソコンの保有ですが、
明確な指標(厚生労働省からの通知など)がなく、福祉事務所が
個別的に判断しているらしいですよ。

 なお、手持金や預貯金は、合計で数万円程度しか保有は認められません。
これ以上の手持金がある時は、生活費等に消費してから申請を受け付けること
になります。

 とにかく、本当に、どうしようもない時、選択肢の一つになりますね。
比較的、女性の方が適用されやすいみたいです。

  母子家庭で、ガンなどを患われたら...、途方にくれますね。

 でも、そういう人には、もう少し、容易に適応になるようにして欲しいです。
 『 何と何は、持ってたら、支給しないよ。』 じゃあ、気の毒だよね。
 病気の人は、『 持ち物の処分 』 しなくても、支給して欲しいな。
 母子家庭の小さい子がいる、お母さんが、大病を患った場合などは、
 ぜひ、基準を甘くして欲しいです...。お願いします。 m(_ _)m 

いろいろな制度
                 育児手当金

 明るく豊かでいきいきとした魅力ある文化と福祉のまちづくりを推進するため、
乳幼児の健やかな成長と若者の定住化を促進し、町勢の発展と住民福祉の向上に
寄与することを目的としています。

 支給対象
                                                    町内に住所のある○歳到達後最初の3月31日までの児童
(義務教育就学前の児童)を養育している方で、所得制限等により
国の児童手当の受給ができない方に支給されます。

 第1子及び第2子   5,000円
 第3子以降      10,000円

【手当の支給】  
認定請求をした翌月分から開始され、支給事由の消滅した月
(児童手当が交付されることになったときなど)分で終わります。

(国の児童手当を受給しているかどうかを毎年6月以降に確認させていただきます。)

【支払時期】  毎年2月・6月・10月に、それぞれの前月分まで(4ヶ月分)
        が支払われます。
         -−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 育児手当は、住んでいる市町村で、もらえる年齢が違います。
 (6歳までの所もあれば、12歳までの所もあります。)


               児童扶養手当

父親のいない家庭の児童または実質的に父親が不在の状態にある家庭の
生活の安定と児童の健全育成のため、一定の要件を備えていると支給されます。

 
【支給の対象】   次のいずれかに該当する児童(18歳到達後最初の3月31日を迎えるまでまたは、20歳未満で一定の障害のある児童)を養育している母親または養育者の方に支給されます。
 ただし、公的年金を受給できるときや、所得制限により受給できないときがあります。

●父母が離婚した児童
●父が死亡した児童
●父が法に定める程度の障害の状態にある児童
●父に1年以上遺棄されている児童
●父が法により1年以上拘禁されている児童
●母が婚姻によらないで懐胎した児童
 
 【手当の月額】 

児童の数          全部受給者     一部支給者 
児童1人のとき      42,370円        28,350円 
児童2人のとき      37,370円        33,350円 
以下1人増えるごとに  +3,000円       +3,000円 

 【支払時期】 
 毎年4月、8月、12月にそれぞれの前月分まで(4ヶ月分)が支払われます。
 

所得状況届】 
 この届は、毎年8月11日から9月10日までの間に児童の養育状況及び前年の所得等を確認し、児童扶養手当を受ける要件があるかどうかを確認するためのものです。 この届をしないと、受給資格があっても、8月分以降の手当を受けられなくなりますのでご注意ください。
 

届出が必要な場合】  
●手当を受けている母が婚姻したとき
●遺棄されていた児童の父が帰ってきたとき
●他の市町村に住所が変わったとき        

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    金額等は、変っているかも知れません。確認して下さいね。


              離職者支援資金貸付制度

 各都道府県社会福祉協議会において、失業によって生活の維持が
困難となった世帯に再就職までの間の生活資金を貸し出す制度として、
「離職者支援資金貸付制度」を実施しております。これは次の要件の全てに
該当する方を対象としています。

 生計中心者の失業によって生計の維持が困難となった世帯であること
(失業前において生計中心者が家計を支えていた実績が必要です。
また、多額の預貯金を保有していないことなどが要件となります。)  
 生計中心者が就労することが可能で、求職活動等を行っていること
(健康な状態で新たに仕事に就くための努力をしていることが要件となります。)  
 生計中心者が就労することにより世帯の今後の見通しが明らかなこと
(生計中心者が就労してもその収入では生計が維持できない場合やあまりにも
多額の負債を抱えている場合は貸付対象とはなりません。)  
 生計中心者が離職の日から2年(特別の場合は3年)を超えていないこと
(「特別の場合」とは、就労のための技能習得等を行っている場合です。)  
 生計中心者が雇用保険の一般求職者給付を受給していないこと 
 

  また、貸付内容は次のとおりです。
  ・貸付限度額: 月額20万円(単身世帯は10万円)
  ・貸付期間: 12箇月以内 
  ・貸付の利率: 年3% 
  ・貸付金の償還: 貸付期間終了後6箇月間を据置期間(無利子)とします。
据置期間経過後7年以内で償還をしていただきます。 
  ・連帯保証人: 原則として1名 

  なお、詳しくは、各都道府県社会福祉協議会又はお住まいの
市区町村社会福祉協議会にお問い合わせください。  
           
               (社会福祉協議会の資料より)

         ================

 これも、『働ける人』が条件ですが、医師の診断書で、『 可能 』と、
書いてもらえば、可能性があるのではないでしょうか?




その他の制度
       寡婦・ひとり親家庭奉仕員(ホームヘルパー)派遣
 

ひとり親家庭や寡婦の家庭で家族の傷病等(社会的事由を含む)の事由により
、日常生活に支障をきたす場合や父子家庭等となって、
おおむね6ヵ月以内で生活が安定するまでの家庭にホームヘルパーを
派遣して生活をお手伝いします。


◎ 内容
食事の世話、衣類の洗濯や補修、住居等の掃除や整理整頓、身の回りの世話、
生活必需品の買い物、医療機関との連絡や通院介助、
その他必要な家事や介護生活や身上についての相談や助言、
保育園児等の送迎介助  

◎ 利用料
1時間 0円〜数百円(前年分の所得税の額によって異なります。)  
◎ 問い合わせ・申込み
各福祉健康センター 

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 これも、前年度の所得によっては、かなり安く利用できそうですね。(~o~)



          障害者に限定した求人

 ハローワークでは、障害をお持ちの皆様のために、専門の職員・
相談員を配置し、ケースワーク方式により、求職申し込みから就職後の
アフターケアーまで一貫した職業紹介、就業指導等を行っています

 障害者に限定した求人のほか、一般の求人に応募いただくことも可能です。
ハローワークでは、個別にその方にあった求人を開拓したり、
面接に同行する等、きめ細かなサービスを行っておりますので、
ぜひご相談ください。 
 ハローワークの所在地・電話番号等はこちら 
 
 さらに、障害者を対象とした就職面接会も実施しています。 

            −−−−−−−−−−−−−−−−−

 ガン患者が、『 障害者 』なのか、って言うのが、ちょっと、ひっかかりますが、
一度、相談しても良いと思いますよ。
 

障害者手帳...
                         身体障害者手帳を新規申請する場合

 病気やけがなどにより、身体に次のような障害が永続的に残ってしまった場合、身体障害者手帳の申請ができます。 (1種・2種と1〜7級で区分されます)

対象 

 ・上肢、下肢、体幹機能に障害がある方
・ 乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害のある方
・ 視覚に障害のある方
・聴覚または平衡機能に障害のある方
・音声機能、言語機能またはそしゃく機能に障害のある方
・ 心臓機能に障害のある方腎臓機能に障害のある方
・呼吸器機能に障害のある方
・膀胱もしくは直腸機能に障害のある方
・ 小腸機能に障害のある方
・免疫機能に障害のある方

内容 

 身体障害児(者)が各種の福祉制度を利用するために必要な手帳です。 

手続に必要なもの

 県知事の指定した医師の診断書(このページから印刷ができます)
写真(縦4cm×横3cm)(カラーでも白黒でも可)
印鑑 
 手帳の交付を受ける事で、様々な、優遇制度を受ける事が出来ます。
お住まいの市町村役場障害福祉担当課にお問い合わせください。
ソーシャルワーカーさんに尋ねると詳しく教えてくれます。

                              保健福祉手帳


  身体障害者手帳があるように、精神障害者のための、手帳があります。
 保健福祉手帳です。
 32条や障害年金と違って、交付の対象者が広いので、申請しやすいです。
 また、年金のような所得の制限などもありません。
 受けられるサービスは、

1、税制上の優遇処置
 所得税の控除、住民税の控除、相続税の控除、個人事業税の減免、
自動車税などの減免、利子などの非課税などです。
2、通院医療費公費負担制度(32条)の手続きの簡素化。
3、生活保護の障害者加算の手続きの簡素化。
4、低料第3種郵便物の承認
5、NTT電話番号無料案内
この他、地方によって、市営交通が利用できるようになったりとか,
市営プール、トレーニングセンター等に無料で入れたりします。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ちなみに、自分は、主治医に、ハッキリと、『 対象外です。』 と言われました。
ガンで、障害者手帳の交付を受けるのは、難しいらしいです。
 『 命の危機 』 に1番、面してる人たちが、なんの優遇制度を受けられないのは、
ちょっと、不思議な感じがします。

 でも、部位や、症状、治療法でも、対象になることがありますから、
ぜひ、ソーシャルワーカーさんに、訪ねてみても、無駄ではないと思います。
 (人口肛門や、透析などでは、交付されますから。)

 ガンになって、うつ病になられた方も多いと思います。
そういう方は、保健福祉手帳の方の、申請をしても、いいのではないでしょうか?


リビングニーズについて
                リビング・ニーズ特約

 生命保険の被保険者が医師の診断によって余命6カ月以内と判断されたときに
、生存中に保険金の一部または全額の前払い請求ができる特約のことです。

このリビング・ニーズ特約は原因は問いませんし、
特約としての保険料も無料です。被保険者や契約者が指定する
指定代理請求人に保険金が支払われるため
医療費のほか被保険者の自由意思によって保険金を有効活用することができます
この特約のほか、あらかじめ定められたがんなどの特定の疾病にかなったとき
、死亡保険金と同額の保険金が生存中に支払われる生前給付保険もあります

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 今ね、ほとんどの生命保険に、この特約、ついてますね?
10年前くらいから、導入が始ったらしいです。

 ただね...、この 『 余命6ヶ月以内 』 って言うのが、クセモノなんですよ。

 医者にだって、余命なんか、判るわけ無いですよね?
この特約の書類、書くの嫌がる医者、多いらしいですね?

 患者の主治医が下した診断結果を、保険会社専属の医師が、また診断するんです。
だから当然、保険会社の医師に、指摘されないように、かなり厳し目の診断書を、
書きたくなるのが心情でしょうね?
 よっぽどの状態になってからでないと、『6ヶ月以内』とは、書きませんね。

 結果的に、かなり進行して、ベットから、降りられない状態の人でないと、
支払われない場合が多くなるわけです。

そうなってから、支払われてもねえ...、本人も、多少、使えなきゃ、意味無いでしょ?
せめて、『 余命1年から 』 に設定したら、主治医も、書き易いと思いますが...。

 まあ、保険会社によっては、良心的に、支払ってくれる所もあるんでしょうがね。

 『 生きるために 』 使えてこそ、『 リビングニーズ』 でしょう?

それで、最先端の治療を受けて、半年で死ななくなっても、それは、それで、
素晴らしい事じゃあ、ないのでしょうか?

最期に...
 ほんとにね...、経済的に安定してこそ、全力で、病気と闘えるんですよね?

 『 ああ...、このクスリ、高いんだよなあ。』 とか、
 『 今度の検査、どうしようかなあ? 検査費、高いからなあ? 』 とか、
 『 いい治療が、あるらしいけど、何百万かかるらしい...。』 とか...。

 やっぱり、『 お金は、大事だよ〜♪ 』 って事になるんですよね?

 逆にね、入院してる時は、保険で、なんとかなる場合が多いです。
問題は、その後、ですよね? 

 生活が苦しくなるのは、その後です。
 
 『 すごい借金をして、治療したけど...、結局...。』 なんて人が、
身内だけでも、たくさんいますよ。

 これから、ガンが、もっと大きな社会問題になった時、
国は、なんかしらの、救済措置、取ってくれるのでしょうか?

 庶民の患者も、精一杯、ガンと心置きなく、闘える時代が来て欲しいですね。

 『 余命わずか 』 と言われてから、『 今月の生活費、あと5千円しかない...。』
なんて、やってるのは、本当につらいですよね?